blog

偉い医者程、腕はいい?看護師としての私の答えは・・・

私は尼崎にある総合病院で、看護師として4年間勤務してきました。
今は、産後復帰しいて、同じく尼崎の医療センターで先月無事に復職することができました。
⇒⇒⇒看護師求人尼崎
今回は、前職で勤務していた総合病院での出来事をもとにこの記事を書きます。

タイトルにあります偉い医者程、腕はいいのか。ですが、結論から申し上げますと答えはNOです。
理由となる経験談を以下に述べます。

私は混合病棟勤務で主に周手術期(手術前~回復に至るまで)の看護をしていました。
その中で様々な科の様々な経験年数の医師と関わってきました。

ある日、患者様の手術が終わり迎えに行くと、中堅クラス(経験年数15年ほど)の医師が手術室からでた休憩スペースで横たわっていました。
その日は手術が何件もあったそうです。
一方、部長クラスの医師はほどほどの件数の手術をこなし、余裕の笑みを浮かべてスタッフと談笑していました。
これはあくまで1例ですが、似たような経験が4年間で何度もありました。
やはり、役職クラスの医師になると経験はあるものの、日常業務以外の会議などで手術する件数が減るようです。

また、こんな事例もあります。
ある日の回診(病棟内の患者様の意見を聞いて回る)の時のことです、
患者様の訴えに対し役職クラスの医師は相槌だけを打ってカーテンも閉めずさったと思えば、若手の医師は患者様の意見をしっかり聞いて私たち看護師にその場で適切な指示をだしてくれました。
必ずしも役職クラスの医師がこの事例の医師のような方だけとは限りませんが、極論、医師も人間です。
診察に行った際は直に話をして信頼できる医師に任せた方がいいと思います。
世間の評判や病院側に割り振られた医師につくのはよくないです。
例えば、外来でその日の自分が診療する科の担当医をみれば分かりますから。

余談ですが、私の経験上では内科医は比較的にゆったりと落ち着いて話を聞いてくれる繊細な性格の医師が多いです。
外科医は人によりけりだと思います。
看護師同士で医師の腕や評判について話すことも実は多いんですが、やはり役職クラスの医師よりも手術回数をこなし、患者や看護師の意見を聞いてくれる医師が人気があります。
看護師の話を聞かない医師は患者の話も聞いてくれないですから。

とにかく話をしっかり聞いてくれる医師、これが人気が高いです。

blog

寄りを戻したいと願うなら護符を手に入れましょう!

別れてすぐが一番よりを戻したくて仕方がない時期ではありますが、別れた時は別れたいと思ったぐらいなので、当たり前ながら気持ちは離れており簡単に戻ることは出来ません。
かなり難易度が高いです。

よりを戻したいなら、グッと我慢をして咎めず騒がず大人の女性を気取って、円満に優しく責めることなく受け入れましょう。
相手が悪いことしたな、と思うくらいにいい女風に軽く爽やかに別れるのが、まず第一ミッションです。
すると、後から申し訳ない、勿体無いことしたかも?いい女だったなとプラスな印象が残るので、後からとても効果的です。
一応連絡は取れるように今度また落ち着いたらご飯とか友達としていこうねみたいなニュアンスだけ残して、実際はここからはしばらく連絡も控えます。
ここですぐ誘うと、ぐいぐい来られるからやっぱり会うのもやめよう、ブロックしようとなるので要注意です。

そこから三ヶ月から半年経過したあたりで、もし誕生日とかあればおめでとうだかとか、軽く連絡をいれます。
誕生日は覚えててくれたんだと嬉しくなりますので効果的ですが、あまりにここも長文や重くならないように、あくまでおめでとうくらいでとどめましょう。
誕生日がその期間にない場合は、元気にしてる?みたいな何か軽いもので連絡するのがいいです。
そして、また会うのは半年経過したくらいから、1年の間で仕掛けます。
その間に少し雰囲気を変えて、ダイエットや化粧や髪型を綺麗にして自分を磨き切っておきます。
そして、久々にご飯でもと誘います。
久々に会った時に彼が好きだったところは変わらず、他の見た目や雰囲気は少し彼の知らない新鮮味をもたせて、やっぱりいいなと、なんか変わった!素敵になった!との両面からアプローチ出来る印象つけられる状態で、少し寂しくなってきた、落ち着いていい思い出として思い出せる半年経過頃に対面で会うことが、大切です。
別れて半年くらい経つと寂しくなったり、手放して後悔みたいなものが出てくる可能性も高く、別れた理由もリセットされやすくなるので、すぐではなくまた一からやり直せる時に復縁を仕掛けましょう。
その間に他の人も付き合うのもありだと思います。
ひっそりとダイレクトではなく、タイムラインとかですこーし男の影を見せたり、楽しんでる様子を見せておくのもいいです。
人のものになると欲しくなるのも性なので。
相手が冷静になり、かつ隙ができた頃にアプローチが鉄則です。

また、どうしても寄りを戻したい人には、こちらの護符もかなり効果的です。
⇒⇒⇒http://寄りを戻すおまじない.com
藁にもすがる思いで、一度試してみてもいいのではないでしょうか?

みなさんが、大好きだった人と寄りが戻せることを祈っています。

blog

フリーターも楽しかったけどやっぱり正社員がイチバン!

フリーターは意外に楽しいと思います。
道を歩いていても、いろんな業界のフリーターがいて、あ、この人仲間かもってふと思うことがあったり、こういう風にして、仕事をしてるんだな、この人は楽しく暮らしてるんだろうなって仕事ぶりをみて想像しながら、毎日楽しくお買い物をしています。

そういうわたしも、先月までフリーターでした。
飲食業で、ホールとベーカリーをしていました。
ホールにいた時、こんなのでお金をもらえるの?とすごく不思議に思いました…。
学校にいた頃にお金を稼ぐって大変だと思ってたので、いるだけでもお金になることに驚きを隠せませんでした。
それに、時間拘束なんか、そんなにわたしは感じない方で…。
好きな仕事をフリーターでやると、全く時間とか嫌だなぁとか思うことが、少ないです。
むしろお客さんに良いものを勧めたり、話をしてると楽しかったり、仕込みをしたり色々でしたが、そこで従業員同士話をしたり、学生と話をしたり、主婦さんと話をしたり…。
いろんな方と話してると心が潤うというか、ホールが向いていたのでしょうか?
給料で、CDを買ったり、漫画を買ったり、生活費払ってるけど、好きなことにお金をこれだけ使えるってすっごい幸せだと思うし、時間も沢山あるから遠出もできる。友達とも会える。
なんて素晴らしい天国なんだろう。と思いました。

それからずっとフリーターをしていましたが、同じところでやり続けると、パターン化してしまうので、つまらないなと思うことが多々あり、仕事を変えてみる努力をしましたが、「変える」という作業が苦手なわたしは、かなり苦戦しました。
毎日辛いし、何が好きかもわからなくなってくる。そんな日々が一年続きました。

最近になってやっぱりこのままじゃだめだ!と孤軍奮闘し、転職サイトを懸命に探して中途採用の正社員となることができました。
<<http://xn--u9jzilc4d4db6243cl49a276adj8c.xyz/>>

フリーターだけじゃなく、どんな仕事でもそうかもしれません。
けれど、未だフリーターの友人を見ていると、本当に毎日充実しているのか?
と考えさせられてしまいます。
もちろん、正社員が良いとは限りません。逆の場合もあると思います。
けれど、わたしは正社員へと転職が出来、充実した毎日を今は送っているので、これで良かったなと思いました。

blog

ウォーキングデッドVSスーパーナチュラル

最近ハマってる海外ドラマは、ウォーキングデッドです。
AbemaTVで無料配信されてるのを見かけハマりました。
その後はfuluで視聴してます。

最初はゾンビを前面に押し出してきたドラマでした。
主人公は保安官のリックです。
ゾンビ世界になる前、銃で撃たれて入院し昏睡状態に。
で、目覚めたらゾンビだらけの世界だったというわけです。
ゾンビ襲撃からかなり時間が経過していた為、すでにゾンビの集団は病院から離れていて奇跡的にリックは生き延びました。
自宅に戻ってからモーガン親子から、ゾンビに襲撃されて世界は崩壊したと知ります。

リックは妻子を見つけるべく、モーガンは安住の地を求めて別行動に。
妻子を求めて彷徨うリック、しかしゾンビの大群に襲われます。
幸い生存者に助けてもらい、そのグループと合流。
そのグループには妻ローリと息子カール、しかも親友シエーンまでいました。
これはこれで、リック・ローリ・シエーンの複雑な三角関係も展開していくんですけどね。
ただのゾンビドラマかと思いきや、いきなり人間関係で縺れるのか・・とビックリしました。

生存者達と避難していた川辺のキャンプ地もゾンビに襲われ、大量の被害者を出しつつ逃避行。
色々なトラブルを経て刑務所までたどり着きます。
刑務所なら防壁はバッチリですし、ここなら安全だと考え刑務所を占拠します。
この辺りから対ゾンビより対人サバイバル色が強くなってきます。

刑務所内には服役してた囚人もおり、中には生存者もいました。
同じ生き残った者同士仲良く・・と思っても、相手はそれなりの罪を犯した犯罪者です。
リックを殺してリックグループを乗っ取ろうと考えます。
ゾンビをリックにぶつけたり、刑務所のサイレンを鳴らしてゾンビを呼び寄せたり。
なんとかこれも制圧するも、今度は近くの町から襲撃を受けます。

リック達は略奪や殺人は行いませんでしたが、この町の支配者で提督と呼ばれる男は違います。
他のグループから物資を奪うのを当たり前と思ってる人でした。
もちろん、相手を皆殺しにして。
提督はリック達を殺す為、ゾンビを詰め込んだトラックを刑務所に突っ込ませたり、銃で射撃してきます。
このように殺さなければ殺されるという話へと展開をし、ここからは死んでるゾンビより生きてる人間の方が怖いというサバイバルな世界に突入します。
てっきりタイトルから普通のソンビドラマと思いきや、まさかこんな殺伐としたドラマになってるとは・・・とビックリしました。

それと同時にハマっているのがスーパーナチュラルです。
こちらは天使や悪魔、何でもありのドラマです。
どちらがオススメかと聞かれたら、見やすいのはスーパーナチュラルかな?と思います。
fuluは最初の2週間は無料なので、とりあえずどっちもチェックしてみては?
⇒ huluでスーパーナチュラル見れる?※<2週間無料視聴も可>

blog

疲れたけれど行ってよかったUSJへの旅行


主人の仕事の休みが不定期なので、家族で旅行に行ったことがなく、子供たちにはかわいそうな思いをさせてしまっていました。
すると私の姉から、今月の学校の休みを利用してUSJに旅行に行かないかと提案され、主人と旅行に行けない分、子供たちを楽しませてあげたいと思い姉の家族と母、私と子供たちで半日の学校が終わってから強行でUSJに一泊旅行に行きました。
新幹線やホテルの手配、USJのチケットを取ったりとかなり忙しく、あわただしい旅行でしたが、子供たちはとても喜んでおり、夕方の新幹線に乗り夜から短時間ですがUSJを楽しみました。
平日の夜ということもあり、USJはかなり空いていて、2時間ほどで3個ほどアトラクションに乗れたので子供たちも満足し、すぐ隣のホテルの部屋に戻りました。
ホテルが高層階の部屋だったので、夜景もとても綺麗でこんなに景色が良い部屋になるとは思っておらず、素晴らしい夜景が見える部屋に入っただけでその日の疲れを忘れました。

次の日も早起きして、早めにパークに入れるチケットを持っていたので、人気のアトラクションにも並ばずに乗ることができました。
途中、小雨が降ってきましたが子供達には関係なく、カッパやポンチョを着て雨の中、外のアトラクションを楽しんでいました。

夕方の新幹線で帰らなければいけないので、中学生の長女は友達に配るお土産をたくさん購入し、荷物もかなり重くなりました。
帰る頃には雨も止んだので新幹線で食べるお弁当を駅で購入して、新幹線に乗りながらみんなで食べました。

我が家の子供たちは新幹線に乗ることも初めてだったので、新幹線に乗れることも駅弁を新幹線の中で食べることも楽しかったようでした。

強行スケジュールの旅行だったので、家に着いた時にはかなり疲れていましたが、我が家の子供たちも姉の子供たちもとても楽しかったようでした。
疲れたしお金もかなりかかる旅行になりましたが、連れて行ってあげてやっぱりよかったと思うことができました。

家に帰ってからの洗濯は大変でしたが、子供たちが満足できたので親の私もうれしくなった旅行でした。